天カセエアコンの使い方について説明します

天 カセ エアコン

業務用エアコンの種類には、天井カセット形、天井吊形、床置形、壁掛形、ビルトイン、天井埋込ダクト形など様々な形状があります。その中から、部屋の間取りや建物の構造に合わせて選択することになります。天井吊形は、遠くまで風を送ることができるため、細長い空間に効果的です。天井が高くても、足元まで送風可能で、天井に大きな穴を開けることなく設置できます。1方向のため、エアコンの真下や両サイドには風が届きにくいタイプです。床置形も、天井が高くても足元まで風を送ることが可能です。取り付けが簡単で、設置工事費が安価です。お手入れも簡単にできます。ただ1方向なので、温度ムラができやすく、床に設置するためそのスペースが必要になってきます。天井吊形、床置形、どちらも配管が露出するというデメリットもあります。

天カセエアコンとほかのタイプとの違い

壁掛形は設置が簡単で、床スペースも取らず取り付けが簡単で、設置工事費も安価です。すっきりと設置できお手入れも簡単なので、小さい事務所に向いている形です。見た目はルームエアコンとほとんど同じですが、業務用ならではの風量があります。天吊形に比べて風が遠くまでいかない点、両サイドに風が届きにくいので温度ムラができやすい点がデメリットです。ビルトインはレイアウトが自由にでき、吹出口が本体から分離しているため、変形間取りに設置可能で柔軟に対応できる反面、メンテナンスに手間がかかりますし、設置工事費が高くつきます。天井埋込ダクト形は、吸込口と吹出口が本体と離れているため、室内機が完全に見えません。インテリア重視の空間に最適です。その分、工事費用は比較的高く、メンテナンスにも手間がかかります。天井カセット形には、吹き出しの方向により、4方向吹出、ラウンドフロー、2方向吹出、1方向吹出の種類があります。

天カセエアコンの種類とそれぞれの特徴

天井カセット形4方向吹出は、4方向から送風できるので温度ムラができにくく、天井カセット形ラウンドフローの場合は、360度全周から送風できます。4方向吹出より温度ムラができにくいという特徴があります。2方向吹出は、両サイドに送風できるので細長い空間に効果的です。吸込口、吹出口が各々2本ずつの細いラインなのでお手入れも簡単です。天井の隅に設置する場合は、1方向吹出が良いでしょう。下吹き、前吹き、自由に選択可能なので、設置する場所に応じて最適な吹き出しが選べます。天井カセット形エアコンは、設置工事費が天吊形や壁掛形に比べると高い、天井に穴を開けないといけないと同時に天井裏のスペースも必要になってくるなどデメリットと思われる点もありますが、天井と一体化するため、インテリアの雰囲気を損なわない、という点は最大のメリットであると言えるでしょう。