ベビー服は着せやすいものを

ベビー服は高価なものからリーズナブルなものまでたくさんあります。
形やデザインも色々で、色合いもデザインもかわいらしく見ていて飽きません
私が今まで買うときや友達の出産祝いなどであげる時などにベビー服を選ぶポイントは、まず第一に肌に優しい素材であることです。
ただたいていベビー服は通気性もよく伸縮しやすいものが多いので、そこまで選ばなければならないことはありません。
それなので私が重要視しているのは赤ちゃんに着せやすいことです。
赤ちゃんは頭が大きく首も座っていない時から着替えは何度もしなければならないので、首回りにスナップボタンなどがついているようなかぶせやすいものを選ぶことにしています。
これは私も経験したことから学びましたが、寝ている赤ちゃんに服を着せるのは結構慣れるまで苦労します。早く着替えもしてあげたいので、時間がかからないように工夫されているものが一番着せやすく脱がせやすくていいと思います。
首回り以外でもベビードレスタイプの足までのつなぎタイプはやはり着せにくいので、これも首から足の部分までがスナップで止めやすくなっている前開きタイプのものが簡単におむつ交換、着替えもできて時間短縮で便利です。
自分で動けない時の赤ちゃんに着せやすい工夫があるベビー服が一番使い勝手がいいです。
最初はどうしてもデザインなどかわいらしいものを選んでしまいがちですが、どんなにかわいらしくても着せにくく脱がせにくいものは外出時などのおむつ交換ひとつとっても大変苦労します。
けっきょくあまり使わないことになりかねないので、まずは素材と使いやすいものかどうかをよく見て選ぶことが大切だと思います。
あとは自分の好みで色々なタイプのベビー服を選ぶのがいいと思います。
私が重宝したのはツーウェイタイプのベビードレスにもロンパースにもなる服です。新生児の時はベビードレスとして使い、足が動かせるようになってきたら股から足までもボタンを留めて足の動きを妨げないようにしてあげられるので用途に応じて使えるのが便利でした。
他にはやはり肌着です。肌着はいくらあっても助かります。
赤ちゃんは新陳代謝も激しいのでよく汗をかきます。その分着替えもたくさんしなければならないので、肌着は短いものと長いものなど季節や月齢に合わせて何枚か用意し、必要に応じて買い足すのがいいと思います。
子供はすぐに大きくなるのでたくさん買う必要はありませんが、色々なタイプをもっていると便利だと思います。