どういった場所に天カセエアコンが向いているか説明します

天 カセ エアコン

主に業務用として使用される天カセエアコン。業務用は家庭用と比べ大型で長時間の連続運転でも耐えられるよう設計されています。また広い範囲の空間での効力を出す為に馬力が大きいという特徴もあります。逆に店舗や事務所で各部屋に分かれているからと通常の家庭用エアコンをそれぞれの部屋に設置した場合頻繁にブレーカーが落ちたり電気代が大幅アップしたりで却って非効率です。これは、せっかくエアコン自体が経済的且つ効率的な運転ができるよう設計されていても一度に複数台分の運転状況を認識できるようにはなっていないので無駄な運転に繋がるからです。天カセエアコンの設置を検討中の場合、部屋の天井の高さ、壁や柱の状態、床面積などを考慮しエアコンの運転を最大限に活かせる形の天カセエアコンを選択しましょう。

天カセエアコンの形を知り設置場所に最も合うものを

天カセエアコンは埋込形と天吊り形のタイプがあります。最も多く使用されている業務用エアコンとしては埋込形の「4方向天井埋込カセット形」があげられます。自動フィルター掃除機能や除菌をはじめ人感センサーなどを付ける事もできます。このタイプは部屋の場所による温度のムラが生じにくいので快適な空間を保つことができます。メーカーによりますが4方向だけでなく360度全方向形もでています。また各機種によっては化粧パネルのカラーが豊富で部屋に合わせて選べるようなタイプもあります。天井に開口工事を行えない部屋などは天吊り形がお薦めです。通常1方向吹き出しタイプが多いのですがメーカーの中には4方向、3方向、2方向と吹き出しを選べるマルチフロータイプを出している会社もあります。但し天吊り形は埋込形と違い空調機器が見えるような設置方法になることは理解しておかなければなりません。

部屋に合った天カセエアコンで快適に過ごしましょう

部屋のスペースや天井面にあまり余裕がない場合は「4方向天カセ形コンパクトタイプ」もあります。これは、吹き出し口が4方向ですが、馬力は多く選べません。しかしサイズがコンパクトで4方向に吹き出すタイプなので温度ムラは起こりにくいでしょう。設置場所の広さに合った大きさや馬力の天カセエアコンを選ぶことで省エネにもなり今後の経費抑制にも繋がっていくと思います。以前から言われていますが、エアコンの設定温度は夏で28℃、冬は20~22℃位。そして風量は自動設定がベスト。風向については、夏は上向きで冬は下向きが最も効率が良いとのこと。また、定期的にクリーニングをすることで衛生的で省エネにもなり冷暖房効果が下がるのを防ぎます。フィルターを取り外して自分で掃除機や雑巾を使って掃除することもできるでしょうが、専門の業者にクリーニングを依頼するなどメンテナンスを行うことで故障も起りにくくなるでしょう。