天カセエアコンのメリット・デメリット

天 カセ エアコン

天カセエアコンのメリットとしては、見た目がすっきりしていて、圧迫感もなく、部屋が広く感じられます。細かく空調設定ができ、また、風向も2方向、4方向と調整できたり、風量も変更できたり、部屋全体の空調管理に適しています。屋根裏の配管で露出していないため見た目を気にする必要がないので、部屋のレイアウトを自由自在にできます。反対にデメリットは、商品の選択肢が少ない。費用が高額な上、特殊な工事のため、工事費用もかさみます。天井裏での配管工事のため、水漏れが起きた場合、シミができてしまうなどのトラブルが発生します。メンテナンスは、自分でできないので、専門業者に依頼するため、メンテナンス費用の負担がかかります。また固定資産税評価が高額になる点、天カセの配置場所により、照明の配置が難しい点も気になります。

天カセと通常エアコンの違いについて

冷暖房の能力の違いがあります。通常のエアコンだと3馬力までしか能力がありませんが、天カセだと1.5~10馬力まで能力が対応可能になっていますので、広い空間や熱源がある空間に適しています。通常のエアコンだと、室外機が1台に対して室内機が1台接続ですが、天カセだと室外機1台に室内機複数台接続可能になり、大きな空間も空調できます。電源も異なり、通常のエアコンは単相に対して、天カセは三相になっているため電力が大きくなる半面、単相に比べると安瀬免では劣ります。また電気代も変わってきます。単相は、基本料金が安く、使えば使うほど料金がかさみます。三相は、基本料金が高く、使用料金が低くなります。なので、長時間空調使用のオフィス、工場、店舗、学校などには、天カセがおすすめです。

天カセと通常エアコンの用途について

設置する場所が10坪程度の空間なら通常のエアコンで大丈夫そうですが、ドアの開閉が飲食店などの店舗の場合は、天カセが良いでしょう。熱源がたくさんある美容室やオフィスなどの場所では、必要な馬力によって空調か変わってきます。小さめな店舗やオフィスなどでは、通常エアコンで大丈夫ですが、倉庫や大きめなスペースには、天カセが有効だと言う事です。また、調理によって熱がこもる場合は、冷房能力が大きい天カセを選ぶと良いでしょう。もし用途や広さが合わない天カセを設置すると、能力不足で設定温度にならなかったり、電気代がかさんだり、冷暖房効率が悪くなる原因になり、機械に余計な負荷がかかって故障になりやすくなる恐れがありますので、設置する場合は環境についても注意しながら快適な空調管理をしましょう。